鍵紛失時に行なうべきこと【防犯性を高める鍵交換】

鍵紛失したらやるべきこととは?

鍵紛失時には、鍵修理業者に連絡して、鍵を開けてもらうだけでは不十分です。防犯面を考えて対応しなくてはいけません。そのために、行なうべきことを紹介していきますので、鍵紛失をした際には参考にしてください。

警察に鍵紛失の届けを出す

警察

近くの交番に届出を出しましょう。後日鍵が見つかる可能性もありますし、近年は一人暮らしの女性をターゲットにした犯罪も増えてきていますので、念のため届けを出しておきましょう。警察は真夜中でも対応してくれます。

鍵交換をしておこう

鍵紛失したら、誰かに拾われて悪用される可能性もありますので、防犯のために鍵交換をしてください。鍵交換は1万円から行なうことができます。一人暮らしの人は、自分の身を自分自身で守ることが大切なので、鍵交換は必須です。

賃貸物件の場合

賃貸物件で暮らしている人は、管理会社や大家さんに相談してみましょう。提携している鍵修理業者が存在していることもあります。無料で鍵交換できることもあるので、最初に連絡してください。

注意点

女性

家財保険に加入していると、鍵紛失時のトラブルを無償で解決できると思っている人もいるかもしれません。しかし、家財保険では、鍵紛失や盗難による鍵交換の費用には対応することができません。補償範囲は敷地内で発生したトラブルのみですので、注意してください。

一人暮らしの女性必見~防犯対策に適した鍵の種類~

一人暮らしの女性が安心して生活するためには、防犯性を高めることが大事です。鍵紛失をきっかけに住宅の防犯対策を検討してみましょう。

鍵の種類と料金

シリンダータイプ
マンションやアパート、団地で多く採用されている鍵のタイプです。鍵交換は約1万円からとなっていますので、住宅以外にもテナントや店舗にも採用されています。
ドアノブタイプ
ドアノブタイプは、鍵穴がドアノブと一体化しているタイプです。ドアノブを回して扉を開けることができます。こちらも鍵交換は約1万円となっています。
補助錠取り付けタイプ
住宅の防犯性を高めるために、新たに鍵を取り付ける場合は、約2万円といった料金となっています。警視庁が推奨している1ドア2ロックは、住宅の防犯性能はかなり向上します。
TOPボタン